ご利用条件
ホーム 製品情報 フリーソフト 掲示板 会社案内
QR Code Label Conrtol
製品の概要
動作環境
仕様・機能
使用方法
ご購入方法
ダウンロード
更新履歴
ご注文フォーム
入力内容の確認
ご注文手続き完了

 QRコード ラベル コントロール
製品の概要

『QR Code Label Control』 は、QRコードシンボルを生成するActiveXコントロールです。

画面(文書やワークシート)に貼り付け、プロパティ(シンボル化するデータや誤り訂正レベル)を設定するだけで簡単にQRコード
シンボルを描画・印刷することができます。

マイクロソフト社のOfficeファミリー製品(Word, Excel、Accessなど)や Visual BasicなどActiveXコントロールに対応したアプリ
ケーション・開発環境で使用できます。


動作環境

  対応OS   日本語Windows 7以降 (7、8、8.1、10、11、各64bit版を含む)
  対応PC   上記対応OSの動作に必要なPC
  対応アプリケーション   上記対応OS上で動作するMicrosoft Office、Microsoft Visual Studioなど  


仕様・機能

・作成可能なQRコードシンボルはモデル2のみです。(モデル1、及びマイクロQRコードのシンボルは作成できません。)
・シンボルの連結機能、FNC1モード、ECIモードには対応していません。
・データ暗号化は『QR Code Editor』と同じアルゴリズムで、Camelliaを使用しています。
  (暗号化データのフォーマットについてはこちらをご覧ください。)


プロパティ
プロパティ名 解説
  Value   シンボルの元となる文字列を指定します。
  TextEncoding   シンボルテキストの文字コードを指定。0=自動、1=シフトJIS、2=UTF-8、3=UTF-8(BOM付き)
  Password   シンボルデータを暗号化するパスワードを設定します。
  Level   誤り訂正レベル(0〜3)を指定します。0=L(7%)、1=M(15%)、2=Q(25%)、3=H(30%)
  Version   型番(1〜40)、0を指定した場合はデータが収められる最小の型番を"自動"選択します。
  AutoExtent   指定型番にデータが収まらなかった場合、自動拡張する(=0)、しない(=1)を設定。
  Margin   シンボル周囲の余白をセル単位(0〜10)で指定。
  Resolution   描画(印刷)時の解像度(48dpi〜9600dpi)に合わせることで出力精度を高めます。
  ForeColor   シンボルの描画色
  BackColor   背景色
  EncodeVersion   エンコード(表示)されているシンボルの型番(1〜40)を取得します。


メソッド
メソッド名 解説
  SaveFile   エンコード(表示)されているシンボルをビットマップファイルに保存します。  


使用方法

Microsoft Excel、Word での使用例
1. ブック(Excel)・文書(Word)を開いた状態で)[開発]タブを選択してください。
   [開発]タブが表示されていない場合は、メニューの[ファイル] ⇒ 左下の[オプション]により表示されたオプション画面で
   [リボンのユーザー設定]を選択、画面右リスト中の[開発]にチェックを入れてください。
2. [コントロールの]の[挿入]ボタンによりコントロールのリストを表示させ、[コントロールの選択]ボタンにより「コントロールの選択」
   ウィンドウを開いてください。

  

3. 「コントロールの選択」ウィンドウのリストから「Psytec QR Code Label Control 1.6」を選択して[OK]ボタンをクリックしてください。
4. 「コントロールの選択」ウィンドウが閉じた後、ワークシート・文書をクリックするとコントロールが追加されます。
5. コントロール上でマウス右ボタンクリック、メニューの[プロパティ]または[Psytec QR Code Label Control 1.6 オブジェクト >
   プロパティ]からプロパティ設定画面を開き必要な項目を設定してください。
※コンのトールのプロパティはVBA(Visual Basic for Applications)のコードからも変更・設定可能です。
   VBAからプロパティの変更・印刷を続けて行う場合は、プロパティ変更と印刷の間で「DoEvents」関数を呼び出してください。
   「DoEvents」関数を使用しなかった場合、シンボル画像の更新機会が与えられずプロパティの変更が反映されないことがあります。


Microsoft Access での使用例
1. フォーム・レポートを新規作成する、または既存のフォーム・レポートを開いてデザインビューで表示してください。
2. [コントロール]にコントロールのリストが表示されている場合はの[その他]ボタンをクリック、表示されていない場合は
   [コントロール]ボタンをクリックしてください。

   

3. 展開されたコントロールリスト下の[ActiveXコントロール]ボタンをクリックしてください。

  

4. 「ActiveXコントロールの選択:」リスト中の「Psytec QR Code Label Control 1.6」を選択して[OK]ボタンをクリックしてください。
   フォームにコントロールが挿入されます。
5. コントロール上でマウス右ボタンクリック、メニューの[プロパティ]または[Psytec QR Code Label Control 1.6 オブジェクト >
   プロパティ]からプロパティ設定画面を開き必要な項目を設定してください。

ページ記載内容に関してのお問合せは E-Mail : info@psytec.co.jp までお願いいたします。
© Psytec Inc. All rights reserved.